FAQ

CTFでは、次の方法によるオフセットを
進めています。


1. 植林によるオフセット
オフセットの基本は「出したCO2」を「吸収する」という行為です。
CO2を吸収させる方法として最もシンプルなものが植物の光合成に頼ることです。
今ある既存の森林を適正に管理(時には木を切ることも必要なんです!)したり、
必要な場所に必要な種類の木を植えたり、できることはたくさんあります。
CTFは価格やその土地の特性に合わせて、皆さんの希望に添う形での植林に務めます。

2. 自然エネルギーによるオフセット
オフセットの考え方の一つに、
「出すはずのCO2を出さない」
というものがあります。
その方法の一つであるのが自然エネルギーの利用です。
従来の化石燃料を燃焼させるエネルギー利用ではCO2が発生します。
でも、私たちが実際に欲しいのは電気を使ったサービス
(テレビを見るとか、携帯を充電するとか)なので、
その電気がCO2を発生しない方法で作られているなら、
オフセットしていると「みなす」ことが可能なのです。
そこで、CTFでは自然エネルギーを増やすために、
国内外に自然エネルギーを設置するための投資を積極的に行いたいとたいと思います。
最近では市民出資で風力発電や太陽光発電を設置する方法が増えてきました。
ただ、参加するためには一口10万円から50万円といったまとまった金額が必要です。
みなさんからの寄付を集めて自然エネルギーを増やせるように努力します。

3. 省エネによるオフセット
CO2を出さない工夫をする、というのも立派なオフセットの一つです。
環境家計簿をつけて、一ヶ月にどれくらいCO2を排出しているか計算してみましょう。
その後、生活の質を買えることなく、CO2を出さない工夫をすることで、オフセットすることも可能です。
省エネタイプの電球を使ったり、エコクッキングに心掛けたり、アイドリングをストップしたり。
目からうろこのエコ活動でCO2削減に努めましょう。