パートナー団体

CTFがお世話になっている植林NGO、緑の地球ネットワーク代表の
高見さんがつづる中国黄土高原のお話です。
不定期で発信されていますが、皆さんもよろしければ読んで見てください。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  黄土高原だより(NO.467)
     (2008.07.14)
            高見 邦雄(緑の地球ネットワーク事務局長)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

モンゴリマツ

前回、アブラマツについて書きましたから、
今回は、モンゴリマツ(樟子松)。
ただ、それだけではありません。

7月11日の早朝8時に、大同に着きました。
いつも、調査器具など、けっこうな荷物がありますので、
最近は、大同から、くるまが迎えにくることが多かったのです。
ところが、8月8日のオリンピック開幕まで、1か月を切り、
外地のくるまは、北京市内にはいれません。
で、北京から、大同まで、飛行機にしました。
北京空港発が7時10分、大同着が8時。

北京空港では、チェックインは、出発時刻の45分前に、
締め切られます。
国内線で、そうなのです。
余裕をもって、5時40分には、空港に着きました。
驚いたことに、J1から、J34までのカウンターの前には、
それぞれ10人以上の列ができ、ごった返しています。
こんな時間に、ですよ。


続きはコチラ