計算方法・データ

環境省か2007年度のCO2排出量速報値が発表されました。

=====
2007年度の温室効果ガ スの国内排出量(速報値)は13億7100万トン
前年度比2.3% の増加

新潟県中越沖地震の影響で原子力発電所の稼働率が低下し、
火力発電で代替 したことで二酸化炭素(CO2)の排出量が増えたことが要因。
2年ぶりの増 加で排出量は過去最大、京都議定書の基準年(原則1990年度比)からは
8.7%上回る。
=====

チームマイナス6%どころか、チームマイナス15%が必要ですね、、、


=====
日本は、京都議定書の第一約束期間の
2008年から2012年度の5年間の平均排出量を
1990年度の12億6100万トンから6%削減する
目標を掲げ ている。
森林吸収対策で3.8%減、
京都メカニズムによる排出枠の購入で 1.6%減
を確保することになっており
実質的な削減目標は0.6%で済むも のの、
2007年度の排出量の13億7100万トンと比べれば
9.3%の削 減量が必要になる計算となり、
目標達成は厳しい状況になっている。 
=====

ゴールが見えてきているだけに、焦りが増しますね、、、、

=====
2007年度の排出量の増加の要因は、
地震で原子力発電所の利用が減るとともに
渇水で水力発電所の電力量も減ったことで、
火力発電所の運転量が増え て電力の排出に
あたる原単位(エネルギー効率)が悪化したことが大きい。
環境省は、電力業界がエネルギー効率を目標どおりに
改善させれば、2007年 度の排出量から必要な
削減量が1.1%に圧縮されるとの試算も公表した。
=====

最近環境家計簿などに使う電力の「排出係数」

0.339kg-CO2
からだいぶ増えそうです。

私達がどれだけ省エネをしても、発電所で
これだけ数値が変わってしまうとなると
なんだか努力が報われない気がして悲しいですね。

だからといって原子力を再開することに対しては疑問が残ります。
もっと再生可能エネルギーを増やすことを考えてほしいなぁ、、、