計算方法・データ

一般廃棄物に続けて、リサイクルによる容器の排出係数について
書いておきたいと思います。
環境省が2006年6月に
「環境家計簿用 排出係数一覧」
というものを更新しています。
PDF版をダウンロードしたい方はこちらへ。
  

容器包装の部分だけ抜粋すると、
ちょっと古いのですが、1995年に野村総合研究所が出した
「包装廃棄物のリサイクルに関する定量的分析」
というデータをもとに説明がされています。

リサイクルによるCO2排出原単位は、○個あたりで出されています^^;
牛乳パック 0.16kg-CO2/個
ガラス瓶 0.11kg-CO2/個
スチール缶 0.04kg-CO2/個
アルミ缶 0.17kg-CO2/個
ペットボトル 0.07kg-CO2/個
食品トレイ 0.008kg-CO2/個

◆CO2排出原単位の計算根拠は
廃棄処理+バージン原料製造
となっています。
リサイクルによる排出削減効果は 
廃棄処理+バージン原料製造-マテリアルリサイクル
と、いたってシンプル。

13年前と比べて、リサイクル設備や焼却設備が変わったので
数値は変わっていると思います。
これ以降、公式データがでていないのですが、ご存知の方がいらっしゃったら
是非教えてください(>_<)


関連ニュース
2008年8月7日
プラスチック製容器包装の再商品化に伴う環境負荷の削減効果について(お知らせ)