NEWS

CO2排出枠価格が半年で約4分の1に暴落していますが、
誰も買っていないというニュースがありました。

===
産経新聞2009.2.20 21:56
世界同時不況による実体経済の低迷で、
地球温暖化対策の一環として国際的に取引されている
二酸化炭素(CO2)の排出枠の価格が下げ止まらない。
国際協力銀行(JBIC)などが公表している
国内取引の1トン当たりの価格は、
昨年7月の4000円弱をピークに下がり続け、
今や1000円割れ目前と、ほぼ4分の1の水準にまで
低下している。
取引関係者からは「底が見えない」との悲観的な見方も出ている。

国内の取引価格(気配値)がピークをつけたのは、
原油価格が1バレル=147ドルに達した昨年7月。
JBICなどが毎週月曜日に発表している取引価格(同)は
7月14日に3821円をつけた。

===
今までもセミナーや講演会でクレジットの価格について触れた
ことが何度かありましたが、一般的な小売価格は1トン4000円~5000円が普通でした。
それがここまで下がってしまったのですね。

京都議定書発効記念日の2月16日には1015円だったそうです。
これはいくらなんでも低すぎるのでは?
と思いきや、やはり記事にも同様のことが書いてありました。

===
もっとも、現在の価格は内外とも「低すぎる」との見方が強く、
欧州連合(EU)では一時期7ユーロ台まで下がった価格が
今週末に入ってわずかながら上昇。JBICなどが23日に
発表する国内の取引価格も上昇が見込まれている。

ただ、そのまま反転して上昇し続けるとまでは見込まれない。
JBICの本郷尚・環境ビジネス支援室長は
「相場は異常という認識で一致しているが、買い材料がなく、疑心暗鬼で買いに出にくくなっている」
としている。

===
こういう風に取引で価格の乱高下が続くと、
やっぱりカーボンオフセットや排出量取引は
机上の空論、マネーゲームだ、と言われてしまうのかもしれませんね。
でも、実際に環境投資によって、少しでもCO2削減の進んだプロジェクトが
進行しているのも事実なわけであって、
マネーゲームの部分と、プロジェクトの必要性や環境影響は分けて考えたい
と個人的には思っています。

下がったから買おう!と思っても、NPP(Non Profit Personという言葉を新しく作ってみました^^;)
のCTFが大量にクレジットを購入できるわけではなく、
何度も繰り返していますが、クレジットを価格で買うのではなく価値で買うようにならないと
本当の低炭素社会は実現できないのではないでしょうか、、、

CO2を減らしたい。
そのためにお金を払ってもいい。

そう思っている個人が、CERを買うのもよし。
でも、木一本、風車一本、太陽光パネル1枚、地産地消の野菜1束、棚田のお米1kg、、、、
そういうもの環境価値をONさせて、少し高くても買うことで、低炭素な社会ができたらいいなと思います。

だからパスポート持って出かけるんですけどね♪
最近どんどん増えていく参加店のみなさま
積極的にパスポートを使ってくださっているみなさま
ありがとうございます!

御縁が広まりますように。
一日一笑呼(ECO)に感謝です。