CARBON OFF PASSPORT

★開催日を6月21日(日)に限定しております~。
お申込みはお早めに!
=====

Carbon to Forestsの國田かおるです。

自分の出しているCO2をしっかり計算してするカーボン・オフセットから、
今より本の少し笑呼(エコ)になるカーボン・オフを提案するようになって
物事の考え方、価値観が少しずつ変わってきた気がします。


例えばモノを所有するのではなく、共有することの楽しさを覚えたり、
「時間」に対してお金を費やす習慣が身についたり。

モノを増やさなければ、捨てる必要がないように、
誰かにもらってもらえれば、捨てて燃やしたり、埋め立てる必要がなくなります。
これってカーボン・オフだと思いませんか?
なによりも、モノを介して始まる新しい関係にワクワクします(笑)

そんなワクワクする会を、
今まで何回か仲間内で行っていましたが、
6月は一般の方向けにOPEN EVENTとして開催しますのでご案内させてください。

前置きが長くなってしまいましたが、以下詳細です。

=======

FUTURE COMMONS ~xChangeティーサロン~
2009/6/20(sat)-21(sun)11:00~16:30


着なくなった洋服や、使い道のないもらいものに埋もれつつも
捨てるのは、うーん、もったいない・・
ネットオークションで知らない人に売るのも、うーん、気が引ける・・
と、ついつい多くのものを抱えてしまう方にイベントのご案内です。
あなたが着ない洋服でも、あなたには使い道がないものでも、必要として
いる人はきっといる。逆に、誰かの不要なものがあなたには新鮮で欲しいものかも。
さあ、物々交換(xChange)ティータイムをご一緒に過ごしませんか?


以下、『 FUTURE COMMONS ~xChangeティーサロン~』の詳細です。

___________________________________
★----★----★----★----★----★----★----★----★----★----★----★
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■日時:2009/6/21(sun) open11:00 close16:30
    11:00-/13:00-/15:00-
    *時間入れ替え制(1回90分)です。都合のいい時間帯に来てね♪
■場所:株式会社藤崎事務所
     <アクセス
     乃木坂駅1番出口から徒歩7分
赤坂駅3a出口から徒歩8分
     青山一丁目駅4番出口から徒歩11分
■参加費:500円 (with 1drink+finger sweets)
■持ち物:交換できるモノ

  <注意点>
   1.持ってくるモノは、好きなんだけど着なくなった/使わなくなった洋服や物
     いただいた/買ったけど使わない物など、誰かに使ってもらえたらうれしい物
   2.洋服は洗濯済みでお願いしますね
   3.以下のものは持ち込みをお断りする場合もあります
      ・家電製品等、残った場合の処分に費用がかかってしまうものの
      ・もらい手が見つかりにくそうな調理器具 など
■申込方法
   タイトル: 6/20-21: FUTURE COMMONS ~xChange ティーサロン~申込み
   本文:
   1.参加希望の時間帯を3つ
     (例:第一希望:20日13時、第二希望:20日15時、第三希望:20日11時)
   2.参加する方の氏名(友人・家族のお誘いも歓迎)
   3.連絡先の携帯電話番号
   をお書きの上、横山/國田/福田(futurecommons(at)gmail.com)迄、
   メールにてご連絡下さい。(at)を半角アットマークにしてください。
   1回の定員は10~12名を予定しています。定員オーバーの場合は先着順
   とさせていただきますのでご了承ください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
<< FUTURE COMMONS について>>
commonsには、”共有地”や”共同の食卓”という意味があり、
FUTURE COMMONSには、
「ティーサロンなどを通じて、持続可能な未来に近づく食をいただきつつ、モノや考えの共有を促進する」
という想いを込めています。
(ちなみに、THEがつくと”THE FUTURE COMMONS = 未来の一般人”となります。
江戸時代の庶民が、幕府の倹約令によりぜいたくを禁止するという制約のもと、
隠れたお洒落を楽しみ粋という文化を作ったように、未来の庶民は、
地球の資源という制約のもと今とは少し違う楽しみ方をしているでしょう。
そんな発展も込めてイベント名を FUTURE COMMONS としています。)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -