NEWS

全日空が遂に国内線でカーボンオフセットを始めるそうです!
9月10日から羽田発の主要幹線、
10月1日から国内線全便でANAカーボン・オフセットプログラムを導入することを
発表しました。

2005年、2006年頃、どうしてもオフセットを導入して欲しくて
何度もメールを送ったり、プレゼンの場を頂いたのを
懐かしく思い出しました、、、

CERではなくVERでオフセットするところが意外でしたが
more Trees万歳です♪

===ANAのHPより===
9月10日より導入するオフセットは、
2009年7月1日に、気候変動対策認証センターにより登録されたJ-VERプロジェクト、
“北海道4町連携による間伐促進型森林づくり事業”より発行されるJ-VERを用います。
オフセットは、一般社団法人more treesにより行われます。

J-VERとは、環境省による
「カーボン・オフセットに用いられるVER(Verified Emission Reduction)の認証基準に関する検討会」
の議論におけるオフセット・クレジット(J-VER)制度に基づいて発行される
国内における自主的な温室効果ガス排出削減・吸収プロジェクトから生じた排出削減・吸収量を指します。
発行されたJ-VERはカーボン・オフセット等に活用が可能で、
このJ-VERを利用して、個人や企業は自らが排出する二酸化炭素(CO2)等の
温室効果ガスをオフセット(埋め合わせ)することが出来ます。

J-VERを利用することは、J-VERの創出を促すことにつながり、
結果的に自主的な排出削減・吸収の取組を促進することになります。

尚、キャンペーン中のオフセットは一般社団法人more treesを通して、
高知県のCO2吸収認証制度により発行されたCO2吸収証書の範囲内で行われます。
J-VER制度に準拠された森林管理プロジェクトで、
CO2吸収専門委員会の検証を経て、クレジットの認証・発行されたものです。
シリアルNoは、この吸収量の範囲内でmore treesが独自に発行するものです。
CO2吸収量1kgにつき1つのシリアルが割り振られています。

ana.jpg