FAQ

日本のCO2排出量について、よく質問をされるのですが
最新のデータが独立行政法人 国立環境研究所のHPに公開されたので
ごらんくださいませ♪

全体としては12億8,600万トンで、前年よりも下回りましたが
これは景気後退によるものなので、エネルギーシフトなどが
おきたわけではないのが残念です、、、

一般廃棄物に続けて、リサイクルによる容器の排出係数について
書いておきたいと思います。
環境省が2006年6月に
「環境家計簿用 排出係数一覧」
というものを更新しています。
PDF版をダウンロードしたい方はこちらへ。
  

容器包装の部分だけ抜粋すると、
ちょっと古いのですが、1995年に野村総合研究所が出した
「包装廃棄物のリサイクルに関する定量的分析」
というデータをもとに説明がされています。

リサイクルによるCO2排出原単位は、○個あたりで出されています^^;
牛乳パック 0.16kg-CO2/個
ガラス瓶 0.11kg-CO2/個
スチール缶 0.04kg-CO2/個
アルミ缶 0.17kg-CO2/個
ペットボトル 0.07kg-CO2/個
食品トレイ 0.008kg-CO2/個

◆CO2排出原単位の計算根拠は
廃棄処理+バージン原料製造
となっています。
リサイクルによる排出削減効果は 
廃棄処理+バージン原料製造-マテリアルリサイクル
と、いたってシンプル。

13年前と比べて、リサイクル設備や焼却設備が変わったので
数値は変わっていると思います。
これ以降、公式データがでていないのですが、ご存知の方がいらっしゃったら
是非教えてください(>_<)


関連ニュース
2008年8月7日
プラスチック製容器包装の再商品化に伴う環境負荷の削減効果について(お知らせ)

カーボン・オフセットをする際に、
「何を」オフセットするか決めなければいけないのですが、
そもそもCO2をどれくらい出しているかを計算するのはとても難しく、、、
CTFにも時々お問い合わせを頂きます。

結論から言うと、
「活動量(○○)」×「排出係数(kg-CO2/○○)」
という式に基づき
○○が
電気=kWh
ガス=m3かリットル
水道=m3かリットル
ごみ=kg
などなど、、、
となるわけです。

今日はごみのCO2排出原単位を紹介します。

環境省によると、ごみの排出原単位は
0.34kg-CO2/kg (2003年データ)
です。

2003年、という少し古い数字なのが気になりますね^^;
本来は毎年変わって公表してもらえるといいのですが、
なかなかそうもいかないので、
なんでこの数字になったのかの背景を書いておきたいと思います。
そうすればある程度のデータがそろえば皆さんご自身で計算できますよね♪

さて、この原単位の計算根拠ですが、まず、
インベントリと呼ばれる国家排出量目録を調べます。
2003年度データではいわゆるごみといわれる
「廃プラスチック」と「合成繊維」
によるCO2発生量は次の通りでした。

廃プラスチック 
焼却・原燃料利用   2695kg-CO2/t(dry)
コークス炉化学原料 1404kg-CO2/t(dry)
合成繊維 2287kg-CO2/t(dry)
それぞれ固形分の割合を0.8とみなしています。

また、廃プラスチックに関しては、
廃プラスチックの中の焼却・原燃料利用の割合が0.97
同じく
廃プラスチックの中のコークス炉化学原料の割合が0.02
とみなした場合、、、

廃プラスチック
2695kg-CO2/t×0.8×0.97
+
1403kg-CO2/t×0.8×0.02
=2120kg-CO2/t

合成繊維は繊維中の合成繊維の割合が0.53なので
合成繊維
2287kg-CO2/t×0.8×0.53
=973.3kg-CO2/t

となります。
容器包装廃棄物排出実態調査によると
2003年の家庭ごみの組成(=中身)
はこんな感じです。
紙類・・・33%
繊維類・・・4.1%
プラスチック類・・・14.2%
木・竹・草類・・・4.9%
金属類・・・3.0%
ガラス類・・・4.4%
厨芥類・・・31.2%
その他・・・3.2%
流出水分・・・2.0%

余談ですが、ごみの組成調査を学生の時お手伝いした時
本当にごみ箱の中身を事細かに分類し、測定する、
という原始的な作業を繰り返していました^^;
正しいかどうかわかりませんが、ブルーシートの上に分類されたごみの山。
かな
かなりプライバシー侵害かも、とひやひやしつつ
生ごみとか細かく調べるのです。
似たようなことを小学生の時、アメリカの学校でもしたことがあります。
場所によってごみの種類が違うことを気づかせるための授業でした。
図書館=紙ごみ多い。
職員室=コーヒーなどの厨芥類のごみが多い、など。
排出量を意識するにはこういう生々しい体験が一番聞きそうですね^^;

で、肝心の0.34kg-CO2の出し方ですが、
2120kg-CO2×14.2%+973.3kg-CO2/t×4.1%=0.34kg-CO2/kg
になります。
途中、トンからキロに単位が変わっているの注意してくださいね☆

ここまでえらそうなことを書いておいて、新しいインベントリから計算しなおせるのか、
と問われると自信がないです(苦笑)
文系卒の限界ということでお許しを、、、
時間があったらいつか計算しなおすか、
どこかに習いに行ってみます^^;

「環境問題(温暖化)について知りたいのですが、どこから始めればいいですか?」
というご質問を時々頂戴します。
先日、PRESIDENTという雑誌で

「大きすぎる環境問題」が身近になる本

をテーマにお勧めの本を3冊挙げさせて頂いたのですが
かなり悩みました^^;

中立的な立場で
客観的事実を
わかりやすい言葉で
もれなく書く

かなりレベルが高くないと、できませんよね。

本を買う前に中身を知りたいという要望も多く、、、
EICネットで検索される方も多いと思いますが、
最近国環研(コッカンケン=国立環境研究所)がウェブサイトでかなりいい情報を
まとめていることを知り、しばらくはそのサイトをお勧めしようと思います。
その名もズバリ
ココが知りたい温暖化

本としても出版されていますが、内容をダウンロードすることも可能です!
一度お目通し下さいませ☆

Q.カーボン・オフセットのクレジット価格がプロバイダーによって異なるのはなぜですか?

これを考えるには、そもそもプロバイダーとは何か、を考える必要があります。

環境省の出している指針によると、オフセット・プロバイダーとは

「市民、企業などがカーボン・オフセットを実施する際に
必要なクレジットの提供及びカーボン・オフセットの取組を支援
又は取組の一部を実施するサービスを行う事業者」

と定義されています。

つまり、私が旅行でアメリカに行ったので、
往復の飛行機で排出したCO2をオフセットしたいと思った場合
1) どれくらい排出したかを計算
2) オフセットするためのクレジットを提案
3) 取り消す、もしくは償却するために必要な手続きを行う
4) 証明書を発行
など一通りの作業をしてくださる方がオフセット・プロバイダーです。


一般のサービス業において
サービスの違いが価格の違いになるのは
あたりまえですよね?
例えば携帯電話ではドコモとソフトバンクとauはそれぞれプランが異なって
通話料金が違います。

オフセット・プロバイダーでも同じように考えてください。
価格の違いの大きな理由は

・オフセットに使っているクレジットの種類は何か(CERかVERか)
・仕入れ価格はいくらか
・コンサル料など付加価値が付いているか
などが考えられます。

仕入れ価格の違いは、様々な要因が関係しています。

そもそも、カーボン・オフセットは、
相対取引(市場を介さずに売買当事者間で売買方法、取引価格、取引量を決定して売買する取引)なので、市場価格があるわけではありません。
※参考価格としては、ヨーロッパのクレジット価格や、
東証がプロバイダーから情報を集めて相場を毎週出しているものなどがあります。

具体的には、
・ どこの国のどんな取組みを選ぶか?
・ どの程度の管理がなされている取組みなのか?
・ オフセット量はどのくらいなのか?
などで、価格は大きく変わることになります。


では、高いもののほうがよいのか?
というと、一概にそうともいえません。
考え方次第なのではないでしょうか。

今、オフセットする時に一番「高い」クレジットは
国内のグリーン電力証書になると思います。
kWh単位で販売されており、個人が個人しようと買おうとすると
1kWh15円前後といわれています(もっと安いものも高いものもあります)。

電気の場合kWhをCO2-kgに直すのが難しいのですが、
1kWh=0.339kg-CO2とした場合、
0.339kg-CO2=15円
1t-CO2=44248円(4万4000円)になります。
CERの10倍。
この金額は高いのでしょうか?
仮に1kWh=0.555kg-CO2という火力平均のデフォルト値を使うと
1t-CO2=2万7000円になります。

一見ものすごく高そうですが、国内に再生可能エネルギーが増えると
国内でのCO2削減につながります。
雇用が生まれたり、火力発電による大気汚染などが軽減されたりという
メリットがあります。
だから一概にグリーン電力=高い=良くないとは言えません。

逆に安いと問題なのでしょうか?
海外のサイトで、VERが1トン5ドルくらいなところがあります。
また1本10円程度で植林ができて、
それを使ってカーボン・オフセットを提案しているとこもあります。

それをダメというかどうかは、オフセットの目的によって異なると思います。
企業の社会的責任として、きちんと第3者に対する責任を証明するためのオフセットなのか
個人として興味があるから体験してみたいというオフセットなのか。
個人でするからいい加減でもいい、というわけではないですし
VERでもしっかりしたところはたくさんあります。
(グリーン電力証書もVERですし)

価格によって得られるのは何か、
または
どこまでの情報と信頼を得るためにいくらまで払えるのか。
この2点を考えて頂く必要がると思います。

近々「あんしんプロバイダー制度」というものが始まりますが
これでまたオフセットサービス料金が変わりそうですね。

CTFって何やっているんですか?
誰がやっているんですか?
という質問をたびたび頂戴します。

NPO法人でも、会社でもありません。
環境に関心のある社会人のネットワークで始めた勉強会の発展形です。
一応私、國田かおるが代表をしていますが、
他に確固たる「会員」がいるわけではなく、
信頼できる相談相手のネットワークで何とかここまでやってこれました、、、


こんな私でもプロフィールを聞かれることがちょくちょくあるので
こちらに掲載させて頂きます。


國田かおる (くにた・かおる)Carbon to Forests代表/カタリスト
小学校時代をNY、高校時代をシドニーで過ごす。
帰国後、大学で環境法を専攻。
エネルギー会社勤務後、環境政策を学びに京都大学大学院地球環境学舎に入学。
2004年、財団法人松下政経塾入塾(2007年卒塾、25期生)。
LOHASの普及啓発をする傍ら、暮らしのサスティナビリティを追求する傍ら、
「食事」「働き方」「価値観」などを考えるワークショップやイベントを開催。
現場の感覚を大切にし、そこで刺激された感性に基づく情報を発信する
カタリスト(反応を促進させる働きをする×現状を語る人)であることを心がけている。
旅行で排出したCO2をオフセット(相殺)するための情報発信団体Carbon to Forests(www.ctf.jp)代表。
共著に『日本をロハスにする30の方法』(講談社、2006)、
『ロハスの教科書』(明治図書出版、2007)、
編著に『カーボン・オフセット』(工業調査会、2008)。

ちなみにCTFの初代代表は持続可能な社会コンサルタントのK君です。
現在フリーでコンサルティングをしているエコ活動家で、
私なんて足元にも及びません(>_<)
もう一人の立役者Y君はエネルギー交渉系のエキスパート。
現場の第一線にいるので、いつも的確な情報・アドバイスをくださいます。

他にもLCAのプロや編集者、環境コンサル、NGO関係者など
多様なメンバーに支えられて活動しています。


素敵な御縁に感謝しております!
今後もCTFをよろしくお願いいたします♪
日本人一人当たりのCO2排出量に関して、

10トン説

2トン説

の二種類あって、よく質問されるのですが、


10トン説は
「日本の国全体で排出したCO2を、総人口で割ったもの」
になります。
ここには工場からの排出や、産業廃棄物の処理など、
個人の生活と直接的に関係ないものも入っています。

一方、2トン説は
家庭から排出されるであろうCO2の世帯数や人口で割ったものなので、
項目としては
・灯油
・LPG
・都市ガス
・電力
・熱
・ガソリン
・軽油
・一般廃棄物
・水道
となっています。
これによると、2006年度の一人当たり排出量は
2080.9kgなので、約2トンとなります。

もっと詳しく知りたい方は
温室効果ガスインベントリオフィス

温室効果ガス排出量・吸収量データベース
というものがあります。
そこに毎年
日本の温室効果ガス排出量データ
が更新されて載るので、ご覧になってください。



ちなみにデータはエクセルでダウンロードできるので、
資料を作ったりするとき便利です。


CTFでは様々なお問い合わせをみなさんから頂くのですが、
中にも多いのが、
「CO2排出係数」がよくわかならない、というもの。
オフセットをしようと思って、
各プロバイダーさんに計算を依頼してみたところ、
相手によって答えがまちまちで、何を信用していいかわからない、
という悩み事が寄せられます。

一番大きな違いは「電気」の排出係数。
これを
全電力平均の0.36kg/kWh
とするのか、
火力発電平均の0.6kg/kWh
とするのかで極端な話「倍」くらいの差が出ます。

電気にはCO2同様、色も形もついていないので、
家で使っているものが
「火力発電」
なのか
「水力発電」
なのか
「原子力発電」
なのか、知りようがないですよね。
屋根に太陽光発電がついていて、
その電気を使っているのであればCO2排出原単位は
限りなく0に近いのですが、、、

個人的には意識していくことが大切なので、
あまり厳密にこだわり過ぎなくてもいいと思っています。
2007年9月に環境省が平成18年度の電気事業者別排出係数
というものを公表しています。
これをご覧になって地元の電力会社の排出係数をチェックする、
というのもいいのではないでしょうか?

ちなみに私が調べた排出係数をご紹介しておきます。
毎年変わるものもありますし、地域によって違うもの
(水の使用量とか、廃棄物の燃焼とか)もありますので、
あくまで参考までにどうぞご活用ください。
他に面白いデータがあったら教えてくださいね。

・都市ガス 1㎥につき2.1kg
・プロパンガス 1㎥につき6.5kg
・水道 1㎥につき0.58kg
・灯油 1ℓにつき2.5kg
・ガソリン 1ℓにつき2.3kg
・軽油 1ℓにつき2.6kg


待ってました!
オフセット・プロバイダーを比較するサイトがイギリスに登場!
13団体の
・名称
・お金の使われ方(どうやってオフセットするのか)
・サイトの使いやすさ
・プロジェクトの情報公開度
・経済的データ
・オフセット計算機の有無
・CO2削減に対するヒントの有無
・一トンあたりの価格
などが一覧表になってます。


すごいなぁ、と思ったのは、ベストプロバイダーとワーストプロバイダーを選んでいること。ちなみに評価が高かったのは
・Climate Care(老舗ですね)
・Blue Ventures Carbon Offset
・PURE
・World Land Trust.
の4件。
かなり詳細にプロジェクト情報を公開し、1トンあたりのコストを何に使ったか詳細に記してあるとか。
NGなのも出てましたよ。
駄目な点は、オフセットの計算法方法があいまいなところや、プロジェクトの詳細がみえないところ。

確かに、説明責任果たしていないのはNGですよね。
ただ、ずっとCTFをやっていて思ったのは、オフセットできればいいというものでもなく、植林することの意義というのはカーボン・オフセット以外の意味もあるんですけどね。
そんな話はまたおいおい


カーボンオフセットのプロバイダーではないのですが
植林を中心としたCO2削減コンサルティングを行っている会社です。
http://www.carbonfree.co.jp/

主な植林先は中国の内モンゴル。
その他インドネシアの植林にも応じてくださいます。

CO2オフセットの計算は公的数値を用いた試算ですので
CERとは異なります。
CTFが以前行っていたオフセットに一番近い形でしょうか。

坂本龍一さんのよびかけでよびかけで始まったモア・トゥリーズ
その名の通り「もっと木を」をコンセプトに森作りに特化した
カーボンオフセットプロバイダーです。

CERではなく間伐や植林、、REDD(Reducing Emissions from Deforestation and Degradation=森林減少や荒廃による温室効果ガスの排出を減らす取り組み)から出るクレジットを取り扱い、都市と森を結びつける活動をしています。
最近少しずつBLOGでも取り上げられるようになりましたね。
MRIの橋本さんのコメントを見つけたので、
自己レスのために載せさせてください。

http://eco.nikkei.co.jp/column/article.aspx?id=20071001cb000cb

ビジネスになるのか。まさにそれがポイントです。
CTFでは、次の方法によるオフセットを
進めています。


1. 植林によるオフセット
オフセットの基本は「出したCO2」を「吸収する」という行為です。
CO2を吸収させる方法として最もシンプルなものが植物の光合成に頼ることです。
今ある既存の森林を適正に管理(時には木を切ることも必要なんです!)したり、
必要な場所に必要な種類の木を植えたり、できることはたくさんあります。
CTFは価格やその土地の特性に合わせて、皆さんの希望に添う形での植林に務めます。

2. 自然エネルギーによるオフセット
オフセットの考え方の一つに、
「出すはずのCO2を出さない」
というものがあります。
その方法の一つであるのが自然エネルギーの利用です。
従来の化石燃料を燃焼させるエネルギー利用ではCO2が発生します。
でも、私たちが実際に欲しいのは電気を使ったサービス
(テレビを見るとか、携帯を充電するとか)なので、
その電気がCO2を発生しない方法で作られているなら、
オフセットしていると「みなす」ことが可能なのです。
そこで、CTFでは自然エネルギーを増やすために、
国内外に自然エネルギーを設置するための投資を積極的に行いたいとたいと思います。
最近では市民出資で風力発電や太陽光発電を設置する方法が増えてきました。
ただ、参加するためには一口10万円から50万円といったまとまった金額が必要です。
みなさんからの寄付を集めて自然エネルギーを増やせるように努力します。

3. 省エネによるオフセット
CO2を出さない工夫をする、というのも立派なオフセットの一つです。
環境家計簿をつけて、一ヶ月にどれくらいCO2を排出しているか計算してみましょう。
その後、生活の質を買えることなく、CO2を出さない工夫をすることで、オフセットすることも可能です。
省エネタイプの電球を使ったり、エコクッキングに心掛けたり、アイドリングをストップしたり。
目からうろこのエコ活動でCO2削減に努めましょう。

オフセットとは、生活で排出するCO2(カーボン)を吸収・固定化する行為のことです。

具体的には、環境家計簿などを通じて排出量を把握し、
植林や自然エネルギーの利用を通じて、排出分を「相殺(オフセット)」します。

同じ意味の言葉として、カーボンニュートラル、カーボンフリーなどがあります。

参照:EICネット環境用語集

p06_gen.jpgCTFは国内外、なるべく多様な理由に基づき森林を選んで植林をしていくつもりです。
世界には色々木を植えて欲しいところがあると思いますが、
私たちの選定理由は次の三つです。


1. 現地で適切に管理し、情報を常にくれる信頼できるパートナーがいること
2. 日本からエコツアーで訪問できる場所にあること
3.植林にプラスアルファの付加価値が生まれること


これらの3つの条件と、現地の状況(火事でせっかく植えた森が消滅してしまった、特別に保護したい動物がいる、何らかの理由により急に支援が必要)を踏まえて、その時その時の寄付先を選んでいます。

寄付先を皆さんに決めて頂くようお声掛けするときもあるでしょう。
新しい寄付先を選んで頂くこともあるでしょう。

CTFは、森林やCO2に対する皆さんの関心を高め、
選択肢をたくさん準備することを約束し、
常に成長・発展し続けることをここに誓いたいと思います。




desert.JPG

生まれて初めて体験した砂漠。
砂山を登ろうとしても足が取られてうまく前に進めません。
でも上から見た景色は最高でした!
CO2排出量は下記サイト(温室効果ガスインベントリオフィス)
で常にアップデートされています。
http://www-gio.nies.go.jp/aboutghg/nir/nir-j.html

世帯人数とCO2排出量を調べてみると一人暮らしの効率の悪さが歴然とします。

http://www.city.kanazawa.ishikawa.jp/kanho/annai/earth/eco-sakusen/section_5.htm

→図21を見ると一人当たりCO2排出量は1人世帯と5人世帯を比べるとなんと半分以下です!

中央環境審議会(中環審)と産業構造審議会(産構審)の合同審議会の
資料の中にある我が国のGHG排出の要因分析の15Pを見ると
家庭部門のGHG増加については、世帯数の増加が大きな要因とあります。
http://www.meti.go.jp/committee/materials/downloadfiles/g61121c03j.pdf
この資料は是非見てみてください。





中国内蒙古自治区にあるホルチン砂漠は、
日本から最も近い沙漠であり、
黄砂の原因とも言われています。
直線距離にして1500kmしか離れていないこの土地に、
広さ4万2300キロメートルの砂地が広がります。
オランダやスイスとほぼ同じ面積を持つホルチン砂漠の砂は
偏西風に吹かれて毎年数キロずつ農村部の土地を飲み込みながら、
砂地の面積を広めていっています。

NPO緑化ネットワークはこのホルチン沙漠で
従来の植生及び自然林の回復を目指し
砂漠緑化・砂漠化防止活動を行う団体です。

1999年夏より設立の準備を開始し、活動場所を探し始めました。
中国で植林活動を進めるためには、現地の協力が欠かせません。
持続的な活動が可能な団体、しかもできれば行政機関からの
お墨付きがないと、安定した活動が約束できないのが実情です。
緑化ネットワークは中国内蒙古自治区通遼市のホルチン砂漠に定め、
通遼市政府と事業提携に合意。2000年1月の設立総会を経て、
同年3月より市政府との共同事業を開始しました。
2006年末までに約1160ヘクタールに320万本以上の松林をし、
うち190万本近くが成長しています。
日本から緑化活動に参加した人は累計で1900人。
個人・法人活動からの寄付をもとに、
現地で植林スタッフを育成しながら緑化活動を着実に進めています。


Carbon to Forests(CTF=カーボン・トゥ・フォレスト)とは
生活の中で排出されたCO2を
オフセット(相殺)するサービスを提供する団体です。
主に交通に伴うCO2の削減とエコストレスの低減を進めます。


旅行が大好き。
今の便利な生活を変えたくない。
でも、ちょっとエコに気をつけたい。

という方のために、10年後、20年後も今と変わらず、
便利で快適なライフスタイルを続けるために、
一人ひとりができるエコ活動の「引き出し」をご用意いたします。

国内外で参加できるちょっとした環境活動。
難しいことは考えずに、パッと気に入ったものを少しだけ体験。
詳しいことは、後からいくらでも調べられます。

まずは始めてみませんか。


自分だけじゃ何もできない、何をしても変わらない、
という想いを少しでも軽くできるように、
CTFがお手伝いさせて頂きます。

カーボンオフセットとは、生活で排出するCO2(カーボン)を
吸収・固定化する「行為」のことです。

具体的には、環境家計簿などを通じて排出量を把握し、植林や自然エネルギーの利用を通じて、排出分を「相殺(オフセット)」します。
同じ意味の言葉として、カーボンニュートラル、カーボンフリーなどがあります。

参照:EICネット環境用語集